<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
NO,12GALLERY and HARVEST !!!ん?NIKE?
ついにきました!今年始めのブログで使えなくなったデッキをまた乗れるようにカットしたミニデッキ載せてたでしょ〜。これがなんと!企画になり、20名近くのクリエイティブなスケーターアーティストにデッキのデザインをおねがいし、コンプリートに組んでもらい展示する事になりました!このデザイナーさん達、よく参加してくれたな〜って言うくらいすごい人ばかりです(笑)。今回はNO,12GALLERYのフォトグラファー平野 多呂さんとHARVESTの合同企画です。もうこれは本当に面白い企画ですよ!だってね、もともとルールなんて何もないスケボーに、唯一ルールがあるとすればスケートボードに乗る、これだけです。監督も、集合時間も、審判も、ドレスコードも、上司も、部下も、何もないです。自由なんです。なのになんでみんなおんなじ板に乗ってるの?そしてこの展示を見れば、なんで僕は普通のカットのデッキに乗ってるんだろう?って思ってしまうほど強烈で、個性的です。もっと自由なデザインのデッキでスケートしようよ!イエ〜イ!
それともう一つ!重要なのがHARVESTのコンセプトでもあるデッキのリサイクル。僕達はデッキを回収し、リサイクルしてアクセサリーやオブジェを作ってるけど、僕達だけじゃとても日本中のデッキはリサイクルできません。ましてや世界中なんてとても無理です。だからムーブメントを作りたいんです。世界中を巻き込んだデッキをリサイクルする大ムーブメント!その種をコツコツ今まで蒔いてきました。みんなで蒔こうよ!
一度花が咲けば花が枯れてしまってもその種がいろんな土地に飛んで行き、また花が咲き、また種になる。そんな感じでどんどん広がるぞ!リサイクル&ピースの輪っ!
 そして大事なお知らせが.......あるのです!!今回の展示のスポンサーは何と...
NIKEsbです!!!え〜!あの世界のNIKEですよ!もとブルーリボンスポーツの!(誰も知らないかな?)いや〜うれしいですよ本当に!ナッイッキ!ナッイッキ!イエ〜イ!ありがと〜!
絶対面白い展示になるからみんな見にきてね〜。

P.S
70年代〜80年代にかけていろーんなおもしろいシェイプのデッキが発売されました。そして今、もっともスタンダードな板のシェイプはスケートボードの神様、ロドニーミューレンさんが考えたダブルキックの物です(無駄をそぎおとした完成された形です)。このミューレンさんはものすごいお方で、現在のスケートボードのストリートのトリックの基礎はほとんどこの方がフリースタイルのトリックとして考えた物です。そして80年代にフリースタイルのトリックを基礎として、現在のストリートのトリックとこのデッキは生まれました。現在のスタンダードなデッキのシェイプは、当時はまだかなり革新的な物だったのです。そして時〜代は回るよ〜(ニヤリ)





展示:スケートボード約20台

上映:『HOW TO RE-MAKE YOUR BOARD』by PEANUTS GANG

販売:ハーベストによるアクセサリー カタログZINE

協賛: NIKE SB

www.geocities.jp/no12gallery
www.harvest-re.com

at NO.12 GALLERY
東京都渋谷区上原2-29-13 
03-3468-2445


参加者(順不同)

平野太呂 伊藤洋 田中大輔 今里智彦 マイク・ミン 新倉孝雄 森本雑感 江川芳文 浦本譲 大滝ひろし 石原繁 西山徹 神山隆二 本間良二 YAK 野坂 PUCCI 大場康司&CHIMA ヒゴビシャス KAMI ウッド SKATETHING

日時:2006年8月27日(日)〜9月10日(日)
14:00〜20:00(木曜休)

b0007545_2351474.jpg

[PR]
by harvest-re | 2006-08-08 17:36
おいらはそれを我慢出来ない!
ん〜長らく更新出来なかった.....ん!良しとします!い〜のい〜の、出来ない時はしなくてい〜の(笑)んでもって今回はおいらはそれを我慢出来なくなったのでコラムに書きます!以前プレスにも書いたのですが7月の29日から公開される映画『男はそれを我慢出来ない』で主演の竹中直人さんがHARVESTのブリンブリンシリーズをじゃらじゃら着けてるのです!これでもかってくらい着けてます。しかもチョ〜似合ってる!ナオトかっこいいよねえ〜。豊臣秀吉も良かった!(古い?)でもね、面白いのは着けてるって教えてくれたのがこの映画関係とかの人じゃなくて僕のスケーター友達のひーちゃん(笑)。『雑誌にのってるよって!』(笑)  それまで知らなかったのです!普通〜ねえ〜、なんか映画とかでじゃらじゃらどっかのブランドのアクセサリーつけてたら、すごい事になってるとか芸能人に友達とかいるのかな〜(笑)とか思うでしょ!(思わない?)したら今回こんな事になってるでしょ〜。世の中以外とこんな感じなのかな〜?今まで僕が思ってた芸能人がつけるまでのプロセス............そしてその後 ...
その1!: 電話がかかってきて『こんど映画で使用される事になりました!オメデトウゴザイマス!』と言われる。ヒャッホ〜!
その2!: 映画公開初日からHARVESTの電話が鳴りやまぬ!『あのジュエリーはいくらデスか?!どこで打ってるんデスか?!』と何度も質問され、『ホームページに書いてあるでしょ〜!もう!ガチャン!!』......じりりりり!じりりりり!『も〜うう!また電話?!(でもにやけ顔)』
と、こんな感じじゃあないの〜(笑)まあ世の中ドラマや映画みたいではないんだな〜と思いました。でもきっとスタイリストさんが気にいってくれて、買ってくれて、そして映画にまで使用してくれたことは率直にうれしいです。このブリンブリン以外の今まで僕達が作ってきた物はみんなお嫁にいって、誰かにかわいがってもらって、僕達の目の届かないどこかでこっそり潜んでるんだな〜。まだ町でばったり着けてる人には会ったことはないけど見つけたら叫んじゃうな〜。
 余談ですが僕は乱暴な運転のタクシーの運転手とかに発狂する時、声が高いのでへビメタのように叫んでしまいます。(本当はドスを効かせたいっ!)
映画みんな見にいってね〜面白いよ〜!
b0007545_159201.jpg

[PR]
by harvest-re | 2006-08-02 01:59


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31