<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
THCのパーティパーティ!イエーイ!
さてさて今回のタイトルはとてもノリノリ!パーティーの話題でございます。
実は原宿のドレステリアの隣にTHC(TOKYO HIPSTARS CRUB)と言うお店が出来ました。そこに!なんとハーベストを置いて頂く事になりました!
ということで行ってきましたオープニングパーティー!
なんと!スタッフ総勢30人くらい、全員ハーベストの♥を胸に着けているではアーリマせんか!!!!!おじさんも、オネーサンも、はたまたかっこいい外人さんまで!
ハーベストの♥を身内以外で着けてるのを見たのはこれが初めてでございます。
感無量です。体力の限界です。まじめにやってるといい事あるのね。
うちのおじーさんが言ってたとおりです。
でも商品はどこにあるのだ?
人込みをかき分け奥の方へ........
うっ!どでかいシャンデリアだ......
聞いた話によるとシャンデリアの最近の流行をばかにしたと言うか皮肉った物らしい.......。かっこいい.....む!
キ、キター!!ありました!しかもアンティークのショーケースの中です!び、び、ビップだ.........なんか紹介文とか書いてある。
なになに、ふむふむ!!!!恥ずかしー!
そしてなぜか挙動不審になる私達。
関係者ばかりのこういう場に行くといつも思うのですが
なーんかいつも浮いてる気がする......落ち着かない.....。回りに人たちは久し振りーな感じで話してる。なんか業界人って雰囲気りますね!私達は一般人オーラ出しまくってやりましたよ!
とにかくスタッフの人たちの写真を撮らしてもらいたかったのですが、なんて声かけていいか解らないので、あのー写真撮らせてもらっていいですかーって聞いたら
どちら様ですかと聞かれたのであので、えっ!そのーあのーなんて軽くパニック。
挙げ句の果てにこっ!この!胸に着けてるやつ作った者です、なんて訳わかんない事言っちゃいました。
その後相方と、ハーベストですけどって言えばいいのかな?と話し合っていた私は、
ハーベストって言ったってみんな解んないんじゃないか?と思うのでした。
自信って後からついてくる物だと思うのですがなかなかついてこない。
でっかい人間になりたいものです。

ここは一階が本屋と服屋(うまい表現が見つかりません)で2階に吹き抜け、2階がギャラリーアンドDJブース。3階がカフェになっています。10月1日オープンなのでみんな遊びに行ってみてねー。
最後に忙しいのにいろいろ企画を出してくれたディレクターの今井さん、自分の事のように心配してくれたようちゃん、本当にありがとうございます。これからもよろしくです!



b0007545_10582737.jpg
b0007545_10584337.jpg
b0007545_10575568.jpg
b0007545_1195282.jpg
b0007545_11101084.jpg
b0007545_11515179.jpg
b0007545_2104427.jpg

[PR]
by harvest-re | 2005-09-30 11:52
イーネ!NICOのライブ!
先日NICOでライブがあったのですが良かったですよ!主催者の浦本さんお疲れ様です。
きてくれた友人たち、アリガトネー
ものすごい豪雨だったから、だれもこなかったらどうしようなんて思ってました。
しかしいいですねーボサノバって、はじめて生で聞いたんですけどホントに良かった。
これからCDでもあさりに行こうかなんて考えてます。
だれかお勧めがあったら教えてね。
んでね、ブラジルのフルーツもおいしかった。アサイにかなりはまりましたね。通販で買おうかなー。
ちなみに写真の後ろにあるのが今回新しく作った花ラジカセ!
サウンドシステムの一部でーす。

b0007545_1272092.jpg
b0007545_128798.jpg
b0007545_1283918.jpg

[PR]
by harvest-re | 2005-09-13 01:28
死んだ女の子
すごいタイトルの日記ですが知ってます?

元ちとせが歌ってるんだけどすごい歌なの。

広島の原爆で亡くなった女の子の歌なんだけどかなりメッセージ性の強い歌。

「死んだ女の子」は、トルコの社会派詩人=ナジム・ヒクメットの
詩を、ロシア文学者=中本信幸氏が日本語に訳し、その訳詩を読ん
だ日本を代表する作曲家=外山雄三氏が作曲した名曲なのね。
そして、戦後60年にあたる今年になり、坂本龍一氏(いよっ教授!)がアレンジ・プロデュースを快諾。

とまあすごい人達が一緒になって平和を訴えてるんだな。

今日2回目なのですがラジオでこの曲を聴きました。かなりぐっと来ます。そしてちょっと泣きそうになりました。

かたちのない、音楽と言う手段で平和を訴える彼女達のすばらしい活動は僕にはまねは出来ません。でも憧れるね。電波に乗って、世界中に飛んで、戦争の悲惨さを訴えて、一刻も早く平和な世の中が来る事を願ってます。

んでもって8月の15日の終戦記念日までダウンロードのみの
販売だったのですが見逃した...........!!!!!!!

だれか落としてない???ホントに欲しいんだけど!!たのむ!


P.S 原曲の歌詞見つけたからアップするね。


【 作曲者名 】木下航二
【 作詞者名 】ナームズ・ヒクメット
【 訳詞者名 】飯塚 広

扉をたたくのはあたし あなたの胸に響くでしょう
小さな声が聞こえるでしょう
あたしの姿は見えないの

十年前の夏の朝 私は広島で死んだ
そのまま六つの女の子
いつまでたっても六つなの

あたしの髪に火がついて 目と手が焼けてしまったの
あたしは冷たい灰になり
風で遠くへ飛び散った

あたしは何にもいらないの 誰にも抱いてもらえないの
紙切れのように燃えた子は
おいしいお菓子も食べられない

扉をたたくのはあたし みんなが笑って暮らせるよう
おいしいお菓子を食べられるよう
署名をどうぞして下さい

b0007545_0383341.jpg

[PR]
by harvest-re | 2005-09-01 00:38


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30