本格的に寒い〜
いやあ〜冬ですね、ついにきましたね〜。今までいろんな家を借りて住んできましたがダントツでこの家は寒い!前回の作業場は寒いとはいえフローリングだったのですが、今の作業場は土間.....寒い!掃除はとってもしやすくなったんだけどなあ〜。しかも古い造りの家にはいろんなところに隙間がありますな〜。もはや窓を閉めているのに外が見えていてもたいして気になら〜ん。

2007年ももう終わり....というテンションでブログを書こうと思ってもそうはいきません。なぜならまだまだ仕事が溜まっているから(笑)なので今年も終わりかあ〜なんて口が裂けてもいえないわけです。
しかし全ての作業を2人でやっているぼくらにとって、数を作るということはすご〜く時間がかかることなのです。その作業は、まずはスケボーを見ながら『この商品にはこの板のこの場所がかっこいいでしょ〜』と一つ一つ選ぶことからはじまります。そしてもちろん一つ一つかた〜いスケボーをノコで切っていきます。そしてしつこいけど(しつこい仕事なんです〜)一つ一つ仕上げていく。こんな作業を全部の商品で繰り返していきます。いつもみんなが目にしてる、お店に並んでるいろんなブランドのいろんな商品のほとんどは、その商品を作るための材料から作られてるんです。その材料はもちろんその商品を作るための加工がしやすくできていて、効率的に商品にすることができます。
そこがリサイクルをしてもの作りをすることとの一番の違いです。リサイクルとは一度生産された商品が不要になった時からはじまります。
ですがペットボトル『PET』などのようにリサイクルをすることを前提にした素材から作られたものと違い、スケートボードは企画の段階でその後の事は全く考えられていません。つまりスケートボードはリサイクルが工効率的に行えないので、量産においては致命的欠点なのです。5年くらい前にHARVESTを初めた時、ある工場にスケボーを持っていってこんな風に加工したいって言ったら『こんな曲がった板はうちじゃ切れないから、新しくメイプルの平らな合板を作って加工するよ〜』と言われました.....がそれじゃあ意味がない。そんな工場もやりたがらない作業をわざわざやっている僕らの家内制手工業はかなりマニアックです。効率的にものを作る(利益を優先した)ことを突き詰めた現代社会になくなりつつあるなにかを作る、そのために時間がかかるのはしようがないのです。

以上、HARVESTは納品に時間がかかるということに対する言い訳です(長っ)。こころを込めて作っているので許してやってくださいね〜。
b0007545_2192920.jpg

[PR]
by harvest-re | 2007-12-18 02:12
<< あけましておめでとうございます。 レジェンドAKI秋山! >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30